×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ジム カーナ(Gymkhana)とは

ジム カーナ(Gymkhana)は、モータースポーツや馬術における競技です。米国では、モータースポーツにおけるジムカーナをAutocrossと呼びます。Gymkhanaは、和訳すると「競技会」であり、競技としてのジムカーナは、英語ではAutocrossとなります。
モータースポーツにおけるジム カーナは、自動車を用いて舗装路面で行われます。ゲートで定められたコースを通り、ゴールするまでのタイムを競うというスラローム競技の一種であり、タイムトライアルで争われます。一般的に大会会場ごとに異なるコースレイアウトで、45秒から1分30秒程度の走行タイムを想定したものが設定され、大会当日に参加者に公表されます。競技開始前に、コース内に徒歩で立ち入り、路面状態やレイアウトを目視で確認することする慣熟歩行などのチャンスが与えられた後、ジム カーナの競技が開始されます。1台ずつ出走し、競技者は2回までトライできます。2回のうち短い走行タイムを競技者の記録とし、より短いタイムを記録した競技者を上位として順位が決定されます。なお、非舗装路で行われる時は、ダートトライアルと呼ばれます。ダートトライアルは、泥ねい地、砂利等などのダートで未舗装のサーキットでタイムトライアルを行う自動車競技で、ダートラと略されることも多い。また2輪バイクでも、同じような競技があります。
 ジムカーナの人気の秘密は、何といっても普段使用しているクルマをそのままの状態で使うことができる手軽さにあると言えます。またS字や360度ターンなどのパイロンスラロームが主となっているため、絶対速度も低く安全で、さらに舗装路面を走るために車両が傷つきにくいのも人気の理由です。
 モータースポーツは他のスポーツと異なり、どうしても道具にお金がかかってしまいます。特にレースに参戦したい場合などはなかなかすぐにできるというものではありません。ジムカーナはライセンスさえ取得すれば誰でも参加でき、しかも基本テクニックを取得できるという、もっとも身近なモータースポーツといえます。

スポンサードリンク

全日本 ジム カーナ と競技

ジム カーナの会場は、さまざまでショートサーキットやカートコースをほぼそのままで使う場合、ジムカーナ専用コースを使う場合や、レース用のサーキットコースに規制パイロンを置いてスラローム競技用のコースとする場合、スキー場の駐車場などにパイロンでコースを設定する特設会場などがあります。JAF全日本ジムカーナ選手権や地方選手権などの上位イベントのシリーズでは、複数の会場を転戦することになり、競技者にはさまざまなコースの特性に合わせた運転技術と車両セッティングが要求されます。いずれの会場においても、サイドターンなどで小回りな旋回を求められる低速セクションや、中速でのコーナリングや切り返し、高速からのハードブレーキング、そしてそれらを滑らかにつないでタイムロスを防ぐ走行ラインの取り方など、ひとつのコースであらゆる戦略や走行技術を必要とするレイアウトが設定される。
ジムカーナの最上位のシリーズは、JAF全日本ジムカーナ選手権であり、その下位に各地区の地方選手権があります。各地区内の公式戦はJAFに所属する各地区のJMRCという団体が管理しています。例として関東地区では、上位から順に「JAF全日本選手権」−「JAF地方選手権(JMRCチャンピオンシリーズ併設)」−「JMRC関東ミドルシリーズ」−「JMRC各都県シリーズ」という構造になっています。その他にもライセンスが不要の様々な入門レベルの競技会が存在し、シリーズ戦になっている場合もあります。

ジム カーナ 車両 、参加条件

ジム カーナの車両は、排気量・駆動方式・改造範囲・Sタイヤとレギュラータイヤのタイヤの種類などでクラス分けされている。公道を走行できる地方運輸局のナンバー付き車両のクラスが主流で、入門レベルの競技会の場合、車種によってはほとんど無改造でも十分に勝負になるときがあります。サンデースポーツとしてアマチュアドライバーが最も始めやすいモータースポーツの一つです。また、競技専用に設計された車両のクラスや、公道を走行できないような市販車両を競技専用に改造した車両のクラスもあります。
ジム カーナの参加するための装備としては、一般的には、最低限、ヘルメット・レーシンググローブ・長袖長ズボンの着用が必要です。さらに競技会の格式によってはレーシングスーツやレーシングシューズの着用を要求されることがあり、主催者への確認が必要です。また、公式戦と呼ばれるイベントはほとんどが年間のシリーズ戦になっており、FIA傘下のJAF日本自動車連盟が公認する競技です。よって原則として参加するためには、のJAF競技運転者許可証の発給を受ける必要があります。ただし下位のシリーズではライセンスの不要なクラスが別途設けられている。また、JAF公認イベント以外にもさまざまな入門レベルのイベントがあり、ライセンスがなくても参加できます。
ジムカーナは、日本で独自に発展した競技であり、現在のところ世界選手権が開催される予定はありません。 しかしながら近年、東洋では盛んになっており、台湾などでの国際大会など開かれました。

Copyright © 2007 ジム カーナ